睡眠障害の種類と原因と対策をご紹介します。

不眠症にもタイプがある

不眠症になると様々な障害が身体におこるようになります。
だるさや疲労も蓄積していきますし、物事に集中することも難しくなったり、日中に眠くてどうしようもないというような事態も起きるでしょう。

こうした不眠症にも幾つかのタイプが有ることが知られています。
そのタイプによって対処の仕方も変わってくるということになります。

一つは入眠困難と言われているもので、文字通り寝ようと思って布団に入っても寝られないということを指します。
時間的には30分以上経っても眠れないような状況を言います。

中途覚醒というタイプも有ります。
これはせっかく眠りについたのに必ず途中で目が覚めて、朝になるまで何度も寝ては目が覚めてを繰り返すというようなパターンです。
当然、朝起きても寝たような気がしないことでしょう。

早朝覚醒というタイプは朝早くに目が覚めてしまうというパターンで、本来ならもっと睡眠をとっても良いのに起きようと思っている時間の2時間以上も前に目が覚めてしまい、それ以降は寝ることが出来ないというような症状です。

熟睡傷害というものも不眠症の一つとしてカウントされます。睡眠時間にしたら相応にとっているはずなのに、どうも寝たような気がしない、
つまり眠りが浅いような状態が続いている人を言います。

どのタイプであってもしっかり睡眠をとっているとはとても言えない状態になります。
厄介な不眠症ではこれらのタイプが二つ以上同時に現れるというパターンもあります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 不眠症のメカニズムと対策 Since 2017 All Rights Reserved.
睡眠障害について