睡眠障害の種類と原因と対策をご紹介します。

不眠症と睡眠薬

一昔前の睡眠薬というと、ないと眠れなくなる依存症を引き起こす、服用する分量を誤ると最悪の場合死亡するリスクがあるというイメージが有りました。

しかし、今時の不眠症に処方されるような睡眠薬はそのようなことはありません。
ベンゾジアゼピン関連物質と呼ばれるタイプの睡眠薬となっており安全性が高いと認められており自然に眠なって来るような作用を発揮します。

ベンゾジアゼピン関連物質の睡眠薬には種類が多くあり、それぞれに特徴があるものとなっています。
例えば、ゆっくりと睡眠に入っていける作用がある効果があるものや不安を緩和してくれる作用があるもの、筋肉の緊張を解きほぐす作用があるものなどがあるのです。

人によって不眠症になっている原因は様々です。

その原因を取り除くために一番有効と思われる睡眠薬が処方されるということになるわけです。
ですから、単に睡眠薬と一言で言っても人によって不眠症のために処方される睡眠薬も変わってくるということになるのです。
不眠症の人が誰しも同じ睡眠薬を服用しているというわけではないということになります。

薬、錠剤、睡眠薬

大切なのはより睡眠薬による効果を適切に発揮できるように医師への睡眠状態や不眠の状態の説明は正確に行わなくてはいけないということなるのです。

また、睡眠薬を服用するときは医師の指示に従って飲むのはもちろんのこととして、アルコールと一緒に飲むようなことはせずに飲んだらすぐに布団に入るようにしなくてはいけません。夜中に起きなくてはいけない用事がある時は睡眠薬の効果が持続していますので服用しないようにすることです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 不眠症のメカニズムと対策 Since 2017 All Rights Reserved.
睡眠障害について