睡眠障害の種類と原因と対策をご紹介します。

不眠症にならないための対策

不眠症とは縁がないという人も多いでしょう。
でも、夜になかなか寝付けない日があったりするのは誰でもが経験したことが有るのではないでしょうか。

不眠症にも寝付けない、途中で目が覚める、朝の早い時間に目が覚めてそれ以降は眠れないなどのいろいろな症状があります。
これらは毎日にように起こるとかなり辛いものとなります。
こうした不眠症にならないためにはいくつかの事を気にして生活をすると解決できることが有ります。

それは不眠症にならないための予防にも繋がることです。
一つは昼間に何事も度を超えて行わないということです。

運動のし過ぎや仕事に集中し過ぎる、ストレスを受けまくるというようなことを昼間に体験すると夜も興奮が収まらずになかなか眠れないことになるのです。

また、カフェインを抜くということも大切です。
最近、ちゃんと睡眠が取れていないと感じるのであれば常時カフェインが入っている飲み物を控えることです。コーヒーや緑茶などがそれに該当します。
辛いかもしれませんがこれだけでもかなりの部分で解決できることも多いようです。
どうしてもというのならノンカフェインコーヒーなどを飲むことです。

眠れない人は寝ると決めている2時間も3時間も前から準備をすることも必要です。
テレビやパソコン、スマートフォンなども一切見ないようにするのです。
刺激を目に与えないようにするのです。

温かいお風呂に入って軽くストレッチをする。
これだけでも簡単に睡眠へと誘導されていくのです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 不眠症のメカニズムと対策 Since 2017 All Rights Reserved.
睡眠障害について