睡眠障害の種類と原因と対策をご紹介します。

不眠症の原因

夜、思ったように睡眠ができないというのは非常に苦痛です。
不眠症になってしまうと今日もまた眠れないのではないか、何となく寝付けないような気がするなど床につく前から覚悟してしまう人もいるようです。

そんな不眠症の原因にはどのようなものが有るのでしょうか。

原因を知ると意外とそれでは不眠症になるよなと思うようなことが結構多いのです。
ということはそれらの原因を作らなければ眠りに関する悩みというのは解決できる可能性も出てくるということになるのです。

原因として考えられるものは先ず、生活習慣絡みのことが考えられます。

アルコールを飲むということ、タバコを吸うというと、寝る前のカフェイン摂取や服用している薬の影響などがそれにあたります。
いずれも眠る前に行為を行うことを避けることで解決できることがあるように思われます。

精神的なものである悩みやイライラやストレスも抱え込んだまま寝ようと思うと寝付くことは難しいものです。
寝る前にリラックスする努力が必要なのです。

熱さや寒さ、騒音や照明の具合、枕などの寝具の変更といった環境的なことも原因となります。
加齢などによっても不眠症の人は増えると言われています。

また、病的なものである頻尿やどこかに痛みがあったり痒みがあったりしても眠るということは厳しくなってくるでしょう。
こうして見ていくと、いずれに関しても寝る前にちょっとした我慢や努力を重ねると解決できることも多いということがわかります。
不眠症の原因は身近なことに大いに関連があるのです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 不眠症のメカニズムと対策 Since 2017 All Rights Reserved.
睡眠障害について