睡眠障害の種類と原因と対策をご紹介します。

不眠症とは

  • HOME »
  • 不眠症とは

不眠症は睡眠障害の一つで男性よりも女性に多く年齢を増すほど悩む人が多いと言われている症状となります。
不眠症になってしまうと日常生活に支障を来す可能性があります。
十分な睡眠が取れていないということになるので集中力が欠如し注意力が散漫になり絶えず疲労感を感じるということにもなりかねないのです。

不眠症の症状としては眠るために床についても簡単には寝付けない。
毎日、30分以上は必ず寝付けない時間があったり、寝付けても何度も目が覚めるとか、眠ったのに眠りが浅いのか寝た感じがしないというような症状が代表的なものとなります。

健康な人の眠りというのを見ていくと幾つかの特徴があります。
人の眠りは眠りが浅く脳は動いているレム睡眠と深い眠りであると言われているノンレム睡眠を寝ている間に定期的に繰り返しています。
ノンレム睡眠がしっかりと取れていると体の疲れもとれるということになるのですが、
不規則な生活をしていたり睡眠時間が日によってマチマチだったり、眠る時間帯が日によって違うということになるとこのレム睡眠とノンレム睡眠を上手くコントロールできなくなり体内時計も狂いだすということから不眠症などの睡眠障害を引き起こすこととなってしまうのです。

不眠症は自分自身で気をつけることでかなりの部分は改善できる可能性が高いといいます。

規則正しい生活や食習慣に運動習慣をしっかりと持つことで眠りに関する悩みというものの多くは解決できる事が多いのです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 不眠症のメカニズムと対策 Since 2017 All Rights Reserved.
睡眠障害について